忍者ブログ
関西を中心に活躍中のバンドネオン奏者 星野俊路のブログ  オルケスタアストロリコ、 タンゴ・コケータ、タンゴ・ガルーファに活躍中!   自身企画によるギターデュオ「タンゴ・グレリオ」セカンドアルバム好評発売中です!  
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
無事に関東から帰還して参りました。
前回から一年を待たずに、半年でまた関東で演奏が
出来るなんてとても幸せでした。
主催者の皆様や会場にお越し下さったお客様方に
大変感謝しています。

今回は感慨深いことが沢山ありました。

初日のホテルにあった新聞で元タイガーマスクの三沢選手の
訃報を知って、ショックを受けました。

夜は浅田次郎の小説を読みながら、子供たちのことを想って
切なくなってました。

そして5日目の浦和は自分の小中高時代を過ごした
思い出の場所でした。
バスで高速の外環浦和を降りるとちょうど出身小学校が
左手に見えて、もうなくなっていますが、自宅もその近くでした。
そこから浦和への道のりは中学校の通学路であり、
塾や、部活や、バイトへ行くために自転車で駆け抜けた道でした。

そして会場も偶然にも自分がバンドネオンを始めてから
最初に聴きに行った場所でした。
当時は、まだバンドネオンのボタンの位置さえ覚えていませんでした。
最初の先生である岡本昭氏がピアソラのバンドネオン協奏曲を
力強く弾いていたのを思い出しました。

その時から、8年が経っています。

遠くから眺めていた同じ舞台に自分が立っている。
しかも、オルケスタで、門奈さんの隣で演奏が出来る自分。

色々なことを噛み締めて一生懸命演奏しました。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
そうだったんだぁ
そんな記念すべき会場だったんですね。
もっと、星野君と会話をしておけばよかったと思います。
ステージで感動のお話を紹介できたのに・・・
みんなの師匠の門奈さんもバンドネオンを初めて生で見聞きした
会場が、早稲田大学の大隈講堂だったそうです。
アストロリコがグラナダの国際フェスティバルから帰国して
演奏会を大隈講堂で開催したとき、とても感慨深くされて
いました。

そんな記念の会場で演奏すること、本当に感動ですよね。
これからも、がんばってください!
Rica URL 2009/06/23(Tue)10:17:49 編集
Re:そうだったんだぁ
自分も現地に着くまで、記憶が曖昧だったので
ちゃんとお話が出来なくてすみません。
当時はオケとの共演で舞台の上に沢山の人がいて
ものすごく大きな舞台に見えました。

これからもオルケスタの舞台に立ち続けられるように
精進しますので、よろしくお願いします!
2009/06/23 12:46
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
shunji hoshino
自己紹介:
19歳の時、宿命的にバンドネオンを始め、元オルケスタティピカ東京の岡本昭氏、岡崎恵二氏にタンゴの基礎を学ぶ。都内ダンスホールなどで演奏経験を積み、24歳で京都に転居。アストロリコ門奈紀生氏に師事する。その後、オルケスタアストロリコ、アストロリコ6重奏のメンバーとして活躍。現在では、ピアニスト吉岡凛をリーダーとした「タンゴ・コケータ」や、上田裕司氏の「タンゴ・ガルーファ」そして、自身プロデュースによるクラシックギターとのデュオ「タンゴ・グレリオ」など、様々なバンド形態でタンゴの魅力を伝えるべく活躍中。本場アルゼンチンでも活躍した歌手ロベルト杉浦氏との共演や、人気タンゴダンサーとの共演も数多く、本場のタンゲーロを目指し活動を続けている。2015年上田裕司氏主催の企画に参加し、念願のアルゼンチンへと渡り、フリオ・パネ氏、ロドルフォ・メデーロス氏、ロベルト・アルバレス氏らマエストロたちのクラスを受け、更なる進化を続けている。
2010年から滋賀県へ移住し、琵琶湖とタンゴをこよなく愛する。

(エル・チョクロ)
  タンゴ・グレリオ              お試し音源(リベルタンゴ) (エル・ポージョ・リカルド)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CDも好評発売中!レッスン、ご依頼などこちらへ
タンゴ・グレリオ1stアルバム好評発売中です。 Desde el Alma ~心の底から~ ~Bandoneon & Guitar 極小な編成が奏でるアルゼンチン・タンゴの深淵 情熱的でありながら素朴な下町情緒あふれるそのサウンドは 古きよき時代のタンゴを感じさせる~ ●税込価格2,730 円(税抜2,600 円) ●品番:WNCD-1007  ●JAN コード:4582373240079 ●録音:2011年1月17 日、2012年7月2、16 日大阪・オフィス・マリオネット ●発売元:ウッドノート・スタジオ   http://www.kyoto.zaq.ne.jp/woodnote/      woodnote@kyoto.zaq.ne.jp ●全国有名楽器店、Amazon.co.jp にて販売 ~収録曲~ 1.最後のコーヒー 2.エル・チョクロ 3.エル・マルネ 4.想いの届く日 (ギター・ソロ) 5.わが愛のミロンガ 6.ウン・プラセール 7.エル・ポジョ・リカルド 8.ミンギート・ティンギテージャ 9.私の隠れ家 (バンドネオン・ソロ) 10. 心の底から 11.酔いどれたち 12.ラ・クンパルシータ なお、どうしてもコンサートには出られないという方、遠方で取り扱いのお店が お近くに無いという方は bandoneontangosh-otoiawase@yahoo.co.jp までご注文ください。個人的に、注文受付、発送したします。 (取り込み中の際は、発送が遅れる可能性もございます。ご了承ください) バンドネオンのレッスンも滋賀の自宅、大阪の教室で承っています。 レンタル楽器の値段をも少し変えて無料レンタル楽器も一台用意しています。 楽器を所持している方、ちょっとだけでも楽器に触れてみたいという方、 タンゴについての演奏法を深めたい方、レッスン生は常に募集しておりますので お気軽にご連絡ください。ご質問、ご感想 出演依頼やレッスンの依頼 一緒に演奏活動したいという方 いらっしゃいましたら お気軽にメールください! bandoneontangosh-otoiawase@yahoo.co.jp
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]
bandoneon バンドネオン 関西