忍者ブログ
関西を中心に活躍中のバンドネオン奏者 星野俊路のブログ  オルケスタアストロリコ、 タンゴ・コケータ、タンゴ・ガルーファに活躍中!   自身企画によるギターデュオ「タンゴ・グレリオ」セカンドアルバム好評発売中です!  
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

ジャズは正直あんまり好きじゃないですが、
このバンドはチカラありますよ!
超一流の香りがプンプンしますね。

このCDは自分も原物は持ってません。
ネットでタンゴを漁っていた時に1番の拾い物だと感じました!

一体どれだけ自分と同じように感じてくれるかは分かりませんが、、
このCDは他の曲も絶品です!
ぜひもっとCD出して欲しかったな、、
PR

ちょっとなんか今日は感動です!
いつものひびき組メンバーの加藤くんへの
誕生日メッセージソング!

そして、お返しに描いた漫画、俺居なかったから
幽霊になってますが、似てるwww(≧▽≦)

和歌山から飛んで帰って、
終わり間際に自分も参加してきました!
久々のブログ更新です。
しかも、今回はYouTubeで気になった
バンドネオンソロの動画を紹介したいと思います。

以前から気になった動画はいくつかあったのですが、
もう少し色々と観てからの方がいいかと思い
だいぶ書き渋っていたのでした。

というのもバンドネオンソロで検索したら
わんさか動画が出てきます。
しかも、みんな大概は上手く弾いてます。
自分を省みると書けたものじゃありませんよ!
バンドネオンソロはメチャクチャ難しいです!
まあ、でもなかでもこんなふうに弾けたらいいな
という憧れを込めてということで…今回は
いくつか紹介していくことにします。
あくまで、個人的な見解のお気に入りですので。

さて、まずは、過去のおさらいから

オズバルト・モンテス ア・ロス・ミオス
http://youtu.be/EJEn7UVNdms
ですね。これは以前紹介してからだいぶ経ちますし
ヒット数がかなりあがりました。
ノスタルジックな雰囲気とメロディで
バンドネオン奏者ならではの名曲と言えます!

続きまして、超マエストロの演奏です。
レオポルド・フェデリコ カミニート
http://youtu.be/7lUPy5Q36-U
この曲に関してはもっと、音質が良く
ざわざわしてない良い環境での演奏動画が
あるはずですが、敢えてこの動画をピックアップしました。
どういう状況か分かりませんが、観客との一体感があり
素敵な動画だと思いました。
マエストロと言えども大きな箱の舞台ではなく
このくらいの距離でこんな環境での演奏を聴きたいものです。
音楽とは、そもそもそうあるべきだと思います。

つぎに、超マエストロの流れでこちら
フリオ・パネ バンドネオンソロ
http://youtu.be/Y8LXrkFwmu8
これは、鳥肌ものですよ。弾きまくりです。
3曲演奏してますが、動画見終わったら
もの凄すぎでお腹いっぱいになってしまいます。
聞き伝わっている情報によると、このパネさん
ほぼ自宅の近所のライブハウスで気ままに生活しているとか。
友達と飲んだり話したり、時には真面目に演奏したり、
気が乗らなきゃ突然演奏やめたりなんかもするそうです。
そんな感じも含め、個人的には大好きです。
この場にいたらきっと感動で泣いてしまいそうです。

続きまして、こんなん見つけちゃいました。
ネストル・バス アディオスノニーノ 
http://youtu.be/YooYoItdOIo
以前このブログでも話題にあげたウルグアイのバンドネオン奏者
ネストル・バスさんです。腕も確かですが
やはり、どこか独特な匂いと音色をお持ちですね。 
アルゼンチン出身でないせいか、バンドネオン奏者としては
マイナーなので、もっともっと活躍してほしい人物であります。

次は、アジアにもすんごい人がいたもんだ
Wu Yung Lung - アディオスノニーノ
http://youtu.be/O_lIgkMSMIE
Winner of the bandoneon competitionKlingenthal2012
ですね。詳しくはないですが、ドイツで行われた
バンドネオンソロのコンテストの優勝したときの演奏のようです。
メチャクチャ正確で表現力もあり、素晴らしい演奏です。
うちの兄貴に顔が似てて親近感も湧いてきます。
小松亮太さんが、日本に招いたりしていた?いる?今後も?
詳しくはわからないですが、今後の活躍にも注目ですね。
ひとつ、バンドネオン奏者ならではの意見を。
動画を観てると、かなりの音数と音量を弾いてる割には
彼の楽器、あんまり蛇腹が開いてないんです。
これは、かなり鳴りが良く空気のレスが少ない証拠です。
腕も確かですが、楽器もかなり良い楽器を使っているようですね。

ちなみに、このコンテスト、翌年は日本の
早川純さんが優勝されてます。
早川純 リベルタンゴ
http://youtu.be/edBrZ-GGE3I
この曲はコンテストでは弾かなかったのかな?
(コンテストの様子ではこの曲はアップされていなかったので)
でも、個人的には一番好きな演奏なので
これを紹介させていただきます。

続きまして、詳しくは分かりませんが偶然に見つけた動画です。
Guido estrena bandoneon
http://youtu.be/vtWGXyLQwo4
思わず笑みがこぼれてしまいます。
可愛い男の子がごりごりとバンドネオン弾いてる姿は
ちょっとした衝撃映像です。
しかも、上手い。
彼は数年後15才でTVに出演したようです。
http://youtu.be/LCdQCjEaDB4
もうかなり体格的に成長して可愛らしさは半減してますが、
演奏はたいしたものですね。
こういう子が将来的にマエストロと呼ばれる程の
人物になるのでしょうかね。

続きまして、これも詳細分かりません。
http://youtu.be/Gzlwkf5kn5M
最初に出てきたおじいさんは
マルコス・マドリガルさんです。
どこかで聞いた名前だなと思っていたら、
最近、購入したバンドネオン教則本の著者でした。
しかし、この動画で気になるのは次に弾いてる
お兄ちゃん、メチャクチャ上手いっ!ってことです。
録音の音源聴いてるみたいです。
一体誰なんでしょうか?
ブエノスにはこのレベルがゴロゴロいるってことでしょうか?

ついでなんで、最後にお耳汚しです。
星野俊路 私の隠れ家
http://youtu.be/MZlzvx-f-Ks
うむ。まあ、これはひどいものですね。
メジャーリーガーと草野球選手を一緒に並べてはいけません。
でも、いつかはバッチリ上手くなりたいなという話でした。
今後も、たまには、タンゴの話もいいですよね。
膨大な音源と譜面で有名なサイトとしてtodo tangoがありますが
またしても膨大な音源のあるサイトがありました。
C.I.T.A
比較的新しい音源も置いてあるのがいいです。ダウンロード出来るわけではないので
いいかな・・・と思って紹介します。
you tube感覚でご利用ください。まだ自身すべての音源を聴ききれてないですが
名曲、名演奏があちこちにちらばっています。

せっかくなので、久々に最近のマイブームを紹介します。
基本的に好きなミュージシャンというのは変わりませんが、
アルゼンチンタンゴも層が厚いです。
フェデリコやマルコーニといったスペシャリストでさえまだ一般的な認知度が低い中で
コロールタンゴのアルバレスやフォーエバータンゴのリサンドロ・アドローベル
などはもっともっと評価されて然るべき人物ではないかと思っています。

自身の活動としましては小編成を追及しつつある昨今ですが
音楽の醍醐味はやはりオーケストレーションにあるのかなと思います。
最近は特にセステート以上の大編成に心を惹かれがちです。

Sexteto Ariel Espandrio
このCD全体的に音がでかくあまり調整した感じがしないとこが好きなのですが
このなかでも「Yuyo Verde 」の演奏、歌、どちらもすごくいいです。
前奏聴いただけでゴリゴリのタンゴ!って感じです。

Raul Garello
ガレーロ、ガルシア、フレセド、バルカルセ、あたりは同じ系統と思っています。
非常に編成が多いのが特徴です。曲によってはちょっとくどい感じがするし
曲によっては、非常にいい編曲に仕上がってます。
自身が推すのは「Bandoneón arrabalero」
この曲は元のメロディーがとてもいいです。
ここにはないですが「Maipo」もたまらないですね。

you tubeにも何かないか探していたら

Mi Buenos Aires Querido, Tango, Carlos Garcia (instrumental)
がありました。素朴なはずのタンゴが映画音楽のような厳かな雰囲気です。

(この記事では ピアソラ みたいに敢えてマエストロ様方を呼び捨てにしてます。失敬)
最近はyou tube で色んな動画が観られるようになっていて
いいのを見つけたら載せていこうかななんて考えていたのですが…。
先日、ツイッターから、これを見つけました。
小松亮太さんのプレイリスト
これは、間違いないです。
両親ともにタンゴミュージシャンで、サラブレットでもある小松亮太氏の
タンゴへの愛が良く分かるプレイリストです。
ひとつひとつの動画にコメントしたいくらい素晴らしいです。
動画にリンクしてる動画もまた膨大なタンゴの量ですので
しばらくはあちこち検索して探す必要ないですね。

そんななかからフリオ・パネさんのソロをチョイス。
恐らくオリジナルの曲だと思うのですが…。
フリオ・パネさんの自作の曲は一番パネさんの心の詩吟が表れているように
感じるので好きな曲が多いです。いつも譜面も見ずに、超絶技巧の演奏。

もうひとつ

フェデリコさんがフェデリコ=グレラバージョンのダンサリンを
演奏してくださっています。なかなかレアな気がする。
しかし、これを演奏するにはやはりギターは最低でも2本必要ですな…。

それにしても、you tubeもツイッターも我が家のオンボロPCだと
重すぎる…。
プロフィール
HN:
shunji hoshino
自己紹介:
19歳の時、宿命的にバンドネオンを始め、元オルケスタティピカ東京の岡本昭氏、岡崎恵二氏にタンゴの基礎を学ぶ。都内ダンスホールなどで演奏経験を積み、24歳で京都に転居。アストロリコ門奈紀生氏に師事する。その後、オルケスタアストロリコ、アストロリコ6重奏のメンバーとして活躍。現在では、ピアニスト吉岡凛をリーダーとした「タンゴ・コケータ」や、上田裕司氏の「タンゴ・ガルーファ」そして、自身プロデュースによるクラシックギターとのデュオ「タンゴ・グレリオ」など、様々なバンド形態でタンゴの魅力を伝えるべく活躍中。本場アルゼンチンでも活躍した歌手ロベルト杉浦氏との共演や、人気タンゴダンサーとの共演も数多く、本場のタンゲーロを目指し活動を続けている。2015年上田裕司氏主催の企画に参加し、念願のアルゼンチンへと渡り、フリオ・パネ氏、ロドルフォ・メデーロス氏、ロベルト・アルバレス氏らマエストロたちのクラスを受け、更なる進化を続けている。
2010年から滋賀県へ移住し、琵琶湖とタンゴをこよなく愛する。

(エル・チョクロ)
  タンゴ・グレリオ              お試し音源(リベルタンゴ) (エル・ポージョ・リカルド)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
CDも好評発売中!レッスン、ご依頼などこちらへ
タンゴ・グレリオ1stアルバム好評発売中です。 Desde el Alma ~心の底から~ ~Bandoneon & Guitar 極小な編成が奏でるアルゼンチン・タンゴの深淵 情熱的でありながら素朴な下町情緒あふれるそのサウンドは 古きよき時代のタンゴを感じさせる~ ●税込価格2,730 円(税抜2,600 円) ●品番:WNCD-1007  ●JAN コード:4582373240079 ●録音:2011年1月17 日、2012年7月2、16 日大阪・オフィス・マリオネット ●発売元:ウッドノート・スタジオ   http://www.kyoto.zaq.ne.jp/woodnote/      woodnote@kyoto.zaq.ne.jp ●全国有名楽器店、Amazon.co.jp にて販売 ~収録曲~ 1.最後のコーヒー 2.エル・チョクロ 3.エル・マルネ 4.想いの届く日 (ギター・ソロ) 5.わが愛のミロンガ 6.ウン・プラセール 7.エル・ポジョ・リカルド 8.ミンギート・ティンギテージャ 9.私の隠れ家 (バンドネオン・ソロ) 10. 心の底から 11.酔いどれたち 12.ラ・クンパルシータ なお、どうしてもコンサートには出られないという方、遠方で取り扱いのお店が お近くに無いという方は bandoneontangosh-otoiawase@yahoo.co.jp までご注文ください。個人的に、注文受付、発送したします。 (取り込み中の際は、発送が遅れる可能性もございます。ご了承ください) バンドネオンのレッスンも滋賀の自宅、大阪の教室で承っています。 レンタル楽器の値段をも少し変えて無料レンタル楽器も一台用意しています。 楽器を所持している方、ちょっとだけでも楽器に触れてみたいという方、 タンゴについての演奏法を深めたい方、レッスン生は常に募集しておりますので お気軽にご連絡ください。ご質問、ご感想 出演依頼やレッスンの依頼 一緒に演奏活動したいという方 いらっしゃいましたら お気軽にメールください! bandoneontangosh-otoiawase@yahoo.co.jp
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]
bandoneon バンドネオン 関西